CSR活動
井澤特殊花社は2012年の設立当初から、CSR憲章を定めました。なおかつ、植物印刷によって人々が幸福になるよう願いを込め、社会への役割、環境への役割、地域への役割を明確にするために、CSR憲章を公表しています。

CSR憲章 社会への役割

井澤特殊花社は特殊花のパイオニアおよびプリントフラワーの特許も持つエキスパートとして、日本の「ものづくり」の発展に貢献して参りました。日本の花屋に価値を提供し、産業の発展に貢献することを企業経営の最重要事項の一つであることと認識し、提供する商品およびサービスの品質向上に全社員をあげて取り組みます。

1 提供する商品とサービスがお客様の期待および社会的要求を満たし、お客様満足を得るための品質マネジメントシステムによる活動を推進いたします。

2 品質目標の設定を以下に定め品質マネジメントシステムの適切性、妥当性、有効性の維持、改善に努めます。

 ①顧客満足度の向上 ②プリントの作業負荷の軽減および花屋の資本利益率の向上 ③改善活動の推進

お花屋様とのコミュニケーションを通じて、公正な取引の徹底と良好なパートナーシップの構築に努めています。

4 品質管理責任者を中心とする品質活動と併せ、全社員に対する教育・訓練等を通じて、品質マネジメントシステムの要求事項に対する組織的理解を深める活動を行います。この方針を全社員に周知徹底し、かつ一般に公開します。​

2012年11月2日制定

井澤特殊花社

代表取締役社長 井澤佑斗

CSR憲章 環境への役割

井澤特殊花社は特殊花のパイオニアおよびプリントフラワーの特許も持つエキスパートとして、日本の「ものづくり」の発展に貢献して参りました。生花は人間と同じ生きている生物であるため、事業活動における環境影響を適切に認識し、人と地域と環境に優しい企業づくりに全社員をあげて取り組みます。

1 花弁や葉が壊れるような、無理な印刷を行いません。

2 花弁や葉が傷みにくい印刷材料などの提案・販売・加工を通して、環境保護に努めます。

技術開発のために止むを得ず使用する花・植物は必要最低限に止め、あるいは造花へ置き換えることで、環境保護に努めています。使用した生花の目的および数を一般に公開します。

2012年11月2日制定

井澤特殊花社

代表取締役社長 井澤佑斗

CSR憲章 地域への役割

[文学・芸術活動への支援]

​井澤特殊花では、花に任意の画像を印刷できる技術を通じて、アーティストの創造活動を支援しています。文学・芸術・音楽その他の文化活動のアイディアを実現し、文化の活性化に貢献できれば幸いです。

​制作は井澤特殊花社で行うか、弊社パートナーのお花屋様に私たちの費用でコーディネートし、無償で進呈しています。

 

[ボランティア活動への支援]

教育およびボランティア活動において特殊花を原価でご利用いただけるよう模索しています。現在まで、被災地域の小学校へ励ましの画像を送りたいというお問合せがありました。

2012年11月2日制定

井澤特殊花社

代表取締役社長 井澤佑斗