ミッション

知的財産ビジネスの世界的グループであるSpecial Flower Companyは、2011年の創業以来、漲る創造性と卓越性への弛みのない追求に特徴付けられるビジネスモデルを展開してきました。Special Flower グループは、長期的な展望のもとに、分野にとらわれずに保有する多数の特許技術を用いて、発展をしています。それらの特許技術のどれもが、スペシャル・ソサエティ(高品質で全ての生物にとって優しい社会)とスペシャル・リサーチ(常に新しい価値観を発明する)いうビジョンを世界に向けて発信しています。

 

「Special Flowerグループは、常に新しい価値観を提供して、使用しやすい特許技術を発明し、社会に広めるという使命を常に掲げてきました。スペシャル・ソサエティという表現は、常に新しい価値観を追求するだけではなく、社会や地球への貢献につながる技術の提案を、長年にわたって行なってきたことを意味しています。そして、これから100年先も同様に活動を続けていきます。」

井澤佑斗

Phalaenopsis Orchid

​7cm × H: 6cm​

2011年に誕生したSpecial Flower グループは、2011年の創業以来、卓越した品質を誇る特許技術・特許出願を多数保有しており、植物印刷、生体情報依存的に色温度を調整する照明・ディスプレイ、介護装置、メタバース制御技術、生活用品などの多分野を網羅するグループです。

 

2011年に誕生したSpecial Flower Companyは、植物を傷めずに植物の表面にイメージを印刷する独創的な特許技術の群で構成されています。植物印刷技術のライセンス、印刷した植物の販売、装花や緑化の主要セクターを網羅する企業です。お花に印刷するという概念を広めたのもSpecial Flower Companyです。

 

どの植物印刷の技術も、新しい価値観を常に提供できるような基盤的な技術になるように発明を行い、有形/無形遺産を守りながら発展させてきました。最高級品質の原料の入手、製造ツールの製造、さらには流通形態の厳選など、下流部門から上流部門まで、グループは垂直統合を採用してバリューチェーンを構築しています。誰でも使いやすい特許技術を発明すること、特許技術のライセンシーが常に使いやすくなるように技術改善を行うこと、優れたデザインを生み出すことについて、Special Flower Companyは独自の厳格な基準を設定して、緩みなく追求しています。こうした企業モデルこそが、私たちの製品の卓越性を保証することができます。世代から世代へと受け継がれ、時代を超えて愛されるためにデザインされた製品は、「スペシャルソサエティ」と「スペシャルリサーチ」の精神を時とともに受け継ぎ、最先端の魅力をライセンシーに提供しています。

 

私たちはグループにとって経済的な効果をもたらす製品のクオリティに一切妥協せず、一方、倫理、社会、環境に対する企業責任においても、厳格な態度を貫きます。こうした理由から、Special Flower グループは企業としての責任を年を追うごとに強化しています。暴力団排除条例の遵守、コンプライアンスの強化、「スペシャルフラワーチャリティ」(お花の無償譲渡)の実施、「エデュケーションサポート」(印刷技術や知的財産の公教育機関への授業)の実施、貧困者のための教育環境整備の行動など、時代の変化に合わせて実施する内容は増えています。従業員やパートナー企業、さらにはステークホルダーとの関係や行動において、正しい行動を取り、推進することを大切にしています。

こちらもお読みください